G-SHOCK 最初期 DW-5600C-1

CASIO G-SHOCK  DW-5600C-1

カシオ Gショック 電池交換 プロテクター交換
毎週のようにやってくるG-SHOCKですが、今回のモデルは一味違います。

DW-5600Cといえばいわゆるスピードモデル
1994年公開の『Speed』にてキアヌ・リーブスが着用し、大ヒットします。
プレミアモデルも多く存在しました。

アイスホッケーでシュートをしても壊れないというCMに対してクレームが入り、 実際に実験してみたところ壊れなかった事で多くの支持を受け大ヒットしました。その時のモデルが通称スピードモデルでした。

劇中でキアヌ・リーブスが着用したのはモジュール901ですが、こちらはさらに古いモジュール691です。

そしてさらにシリアルナンバー入りで、DW-5600シリーズの最初期のモデルになります。
なかなか観る機会がありません。

アフターパーツのプロテクター
G-SHOCKはファンが多くまだまだ部品を手に入れることができます。

スクリューバック用は国内に取り扱っているところを見つけられなかったので海外から取り寄せ。

動力はリチウム電池ですが、国内メーカーでは既に規格の無くなっている電池でした。こんなことがあるんですね
今回調べてみて本当に勉強になりました。

フルオリジナルでないのは残念ですが、樹脂ケースは劣化しますしガンガン使ってきた人にとっては仕方のないことです。

それでもなお使いたいと思ってもらえるのは幸せですね。

ありがとうございました。

G-SHOCK ORIGIN Gショック DW-5600E-1 CASIO カシオ スタンダードモデル スピードモデル メンズ 【正規品】 【レビューで3年保証】【あす楽】【在庫あり】

価格:8,200円
(2018/5/6 13:55時点)
感想(8件)

 

2件のコメント

  1. はじめまして。
    ブログをたいへん興味深く拝見しております。
    さっそくですが、
    G-SHOCK 最初期 DW-5600C-1
    Posted on 2018-05-12にアップされた内容と同等の修理は、現在でも可能でしょうか?私の所持品も691モジュールシリアル入りです。(ベゼル交換、電池交換)ちなみに修理代はおよそ、おいくらくらいになりますか?私は熊本県の者ですが、参考までに送料と修理期間なども併せて教えて頂けたら幸いです。※ちなみに熊本には、セコンドという老舗時計店がありますが、純正部品が手には入らないとかで、、電池交換のみしか受けてもらえませんでした。。
    純正部品にこだわりませんので、ブログのような修理に関してのお問い合わせです。

    1. ありがとうございます。期間が半月ほどかかりますが修理可能です。後ほど細かい見積もりをご案内します。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA