オメガ スピードマスター リデュースド オーバーホール 

OMEGA SPEEDMASTER AUTOMATIC  175.0032
修理いただきました。思い入れのある時計とのこと気合い入ります。

ETA2890ベースのCal.1141
『ユニットクロノ・二階建てクロノ』と呼ばれています。
やや複雑であり修理店では敬遠されがちな時計です。

クロノグラフユニットです。ベースと分離します。

受けを外したところ、複雑というか組み難い時計です。
リターン不良が起こりやすく、センター錆び等トラブルの多いユニットです。

ただベースは『ETA2892系』という名機
精度・巻き上げ効率は申し分なく、修理もしやすいムーブメントです。
今回は4番車の消耗がありましたので部品調達に時間がかかりましたが、
問題なく実用時計として蘇りました。

リデュースド
38mmケースは手首に収まりが良く、デイトが無いのでスッキリしているのも
いいですね。
とにかくデザインが良いので色褪せないですよね

いつまでも大切にしてもらいたい時計です。

 

ゼンマイ・パッキン・4番車交換・風防磨き・ブレスレット洗浄をして完了です。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA